減農薬ではなく完全無農薬栽培「奇跡のリンゴ」を作った木村秋則さんから直接指導を受け、玄米アミノ酸微生物農法の無農薬・無化学肥料しかも除草剤まで使わない無除草剤栽培で安心安全の【奇跡のお米・野菜】をお届けします!

最新のお知らせ


2020年7月3日 : 2020年 自然栽培米
   2020年6月27日曇り後雨
 
  自然栽培米の第6回目の機械除草を行いました。
  除草機械が入れない株間には、雑草がところ狭しと
 繁茂しています。
  当日は、霧雨に濡れながら頑張りました。


2020年6月22日 : 2020年産 自然栽培米の除草
 2020年6月20日(土) 曇り後晴れ

2020年産自然栽培米の5回目の機械除草を取り組みました。

当日は、今に見雨が降り出しそうな鉛色の梅雨空でした。

雑草は、地温・水温が高くなるにつれて成長し続け、機械除草も

対応しきれなくなりました。

 今年の機械除草は、6月27日でギブアップです。

 2021年は乗用田植機によるチェーン除草で、単収8俵を

めざし、消費者に安価な自然栽培米を提供したいと思います。


2020年6月22日 : 2020年無農薬ニンニク
          2020年6月20日(土) 曇り後晴れ

  2020年産無農薬ニンニク最後の収穫を行いました。
  3aで270㎏でした。Lサイズ50%Mサイズが30%、以下Sサイズ等20%
 でした。
  2021年は、今年のニンニクを種ニンニクに活用し、1t/10aの収穫を
 目指します。
  農業作業はちょっとキツイが、ロマンは広がるばかりです。
  地域の発展は、国民の食材を栽培する「農業」が担っている
 のではないのでしょうか?。



2020年6月22日 : 2020年無農薬ニンニク
          2020年6月18日(木) 晴れ

 昨日のJAつがるにしきた営農課の「ニンニク収穫適期・乾燥講習会」

での指導にもとづき、本日から無農薬ニンニクの収穫を実施しました。

 生ニンニクは、本日から10日以内が賞味期限です。

 香りは、すこぶるニンニク臭です。

 味は、明日以降仲間で味比べをしたいと思います。



2020年6月22日 : 2020年 無農薬キュウリ栽培
     2020年 6月15日(月) 晴れ

  2020年産の無農薬栽培キュウリが身を着けました。

  まもなく収穫時期を迎えます。

  収穫は、短めのキュウリを意識的に収穫して、消費者に

 お届けします。

  夏野菜を思う存分楽しんでいただければと思います。




本当に安心なお米をお探しの方へ

それでも木村秋則さんを信じ、直接ご指導いただいたお陰で、みごとに自然栽培のお米が獲れるようになりました。

全国各地で食べ比べをしてもらっていますが、味には自信があります。

ぜひ、本来持っているお米の美味しさを味わってください。


ご挨拶動画 (津軽弁)


稲作の様子



野菜作りの様子



精米(白米)で炊いたご飯


▲こちらは精米(白米)のごはんです。甘味と粘りが違います。

玄米で炊いたご飯


▲こちらは玄米です。精米に追いつく勢いで人気急上昇。

お喜びの声

自然栽培米をご購入された方々から、喜びの声が届きました。

『顔が見えて安心』


いつも美味しく頂いています。
美味しいのは勿論ですが、栽培者のお顔が見え安心して食べることが出来ます。
消費者には見えぬ自然栽培ならではのご苦労があると思いますが、これからも宜しくお願いします。

『義理の母と関係が・・・』

先日85歳の義母が、茶碗に盛ったご飯を見ながら「この歳になってこんな美味しいご飯が食べられるなんて本当に幸せだなありがとう」とつぶやき、いつものように両手の親指に箸を載せ手を合わせていました。
我家もどこにでもある嫁姑のぎくしゃく関係ですが、しかしこの義母とは実母よりもはるかに長~い時間を一緒に過ごした人、何故かその日は愛おしく思えた瞬間でした。
そんな姿を見た私はハーモニーモクソンファームの自然米にして間違いがなかったと確信しました。
一ヶ月程前家庭用の精米機を購入し、ささやかな贅沢ですが七分づき米を楽しんでいます。

主婦 匿名希望

『おにぎりで、さめても美味しい』


ツヤもあり、粘りもあり噛めば噛むほど甘味がでて、とても美味しかったです(もち米みたい)。
おにぎりにしたら、さめてもおいしかった。千葉にいる息子にも食べさせます。
安心して食べられる米を作る人が増えてきて欲しいですね。
これからも頑張って下さい。


※国の検査基準による精密検査の結果、青森県産のお米には放射能汚染は一切ないことが確認され、2011年10月15日に公式発表されました。
安心して当社のお米をお買い求めください。