減農薬ではなく完全無農薬栽培「奇跡のリンゴ」を作った木村秋則さんから直接指導を受け、玄米アミノ酸微生物農法の無農薬・無化学肥料しかも除草剤まで使わない無除草剤栽培(慣行栽培)で安心安全の【奇跡のお米・野菜】をお届けします!

最新のお知らせ


2017年7月13日 : 今年の農法改善
今年の収穫されるお米は従来どおりの玄米アミノ酸微生物農法に加え
一反ぶ(300坪辺り)約70キロのクズ大豆(くずだいず)を投入しました。
大豆はミネラルアミノ酸イソフラボンサポニンなどの成分を含み
お米が一層美味しくなります。

同時に今年はゴボウカブの栽培にも挑戦します
もちろん無農薬栽培です。


2017年6月1日 : 新米29年度産 予約開始のお知らせ
29年度産、新米の予約受付を開始します

新米予約はこちらからクリックお願いします

新米予約受付ページ
2016年12月8日 : 疲弊する地方復活を求めて
12月7日(水)

 年収180万円の稲作農家、年収230万円のリンゴと稲作の複合農家が多数を占めるご当地の経済再生の鍵は、ブランド化した『畑作物』の栽培では・・・・・・・と、『深谷ネギ』の栽培、加工、販売等々をがくしゅうしてきました。
決め手は『値段が高く』、『多収で』、『栽培手間がかからない』物を見つけることです。

 米の消費が減少するもと、海外から沢山の野菜が輸入されているもとで、『命とお金
』どっちが大事と問うたら、『安全・安心の食材』に行き着きます。
地方には、そんな『安全・安心の食材を栽培する農地』は沢山あります。 

 この『宝の農地』を活用して、地域再生の道を探ってきました。




2016年10月16日 : 10月16日 (晴れ)

 平成28年産『自然栽培米』の発送準備が整いました。
 新米が今週中に購入予約者にお届けします。
 年間定期購入を希望されているお客様には、11月初めにお届けします。
 平成28年産米は、完売しました。ありがとうございました。


2016年10月15日 : 平成28年産『自然栽培米』を注文予約様者へ
平成28年産『自然栽培米』を注文予約者への発送準備をしたところ、『亀虫が異常発生』したことが影響したのか、いつものお米が届けられない状況となったので、色彩選別機二度選別しました。
選別機が効果を発揮し、これまで以上の良品を発送する準備がととのいました。







本当に安心なお米をお探しの方へ

それでも木村秋則さんを信じ、直接ご指導いただいたお陰で、みごとに自然栽培のお米が獲れるようになりました。

全国各地で食べ比べをしてもらっていますが、味には自信があります。

ぜひ、本来持っているお米の美味しさを味わってください。


ご挨拶動画 (津軽弁)


稲作の様子



野菜作りの様子



精米(白米)で炊いたご飯


▲こちらは精米(白米)のごはんです。甘味と粘りが違います。

玄米で炊いたご飯


▲こちらは玄米です。精米に追いつく勢いで人気急上昇。

お喜びの声

自然栽培米をご購入された方々から、喜びの声が届きました。

『顔が見えて安心』


いつも美味しく頂いています。
美味しいのは勿論ですが、栽培者のお顔が見え安心して食べることが出来ます。
消費者には見えぬ自然栽培ならではのご苦労があると思いますが、これからも宜しくお願いします。

『義理の母と関係が・・・』

先日85歳の義母が、茶碗に盛ったご飯を見ながら「この歳になってこんな美味しいご飯が食べられるなんて本当に幸せだなありがとう」とつぶやき、いつものように両手の親指に箸を載せ手を合わせていました。
我家もどこにでもある嫁姑のぎくしゃく関係ですが、しかしこの義母とは実母よりもはるかに長~い時間を一緒に過ごした人、何故かその日は愛おしく思えた瞬間でした。
そんな姿を見た私はハーモニーモクソンファームの自然米にして間違いがなかったと確信しました。
一ヶ月程前家庭用の精米機を購入し、ささやかな贅沢ですが七分づき米を楽しんでいます。

主婦 匿名希望

『おにぎりで、さめても美味しい』


ツヤもあり、粘りもあり噛めば噛むほど甘味がでて、とても美味しかったです(もち米みたい)。
おにぎりにしたら、さめてもおいしかった。千葉にいる息子にも食べさせます。
安心して食べられる米を作る人が増えてきて欲しいですね。
これからも頑張って下さい。


※国の検査基準による精密検査の結果、青森県産のお米には放射能汚染は一切ないことが確認され、2011年10月15日に公式発表されました。
安心して当社のお米をお買い求めください。